読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワスレナイ日々のきろく

〇日々の記録 〇wasurenagusa accessories 〇児童書

f:id:yukanodera:20170425213753j:plain

 
そういえば、こないだ甥っ子たちに読んであげた絵本。
 
春っぽく。
 
4歳の甥っ子には『きつねのホイティ』。
1歳4ヶ月の甥っ子には『くっついた』と『ちゃぷちゃぷぷーん』。
 
『たんぽぽ』は読めずじまいだったけど、根っこの長さから、咲いて綿毛になって、次の芽になるまで、ものすごく丁寧に描いてある絵本。
 
ホイティはやっぱりたのしい。
スリランカのお話なんだけど、なんとも愉快で笑えちゃう。登場人物までもがリズミカルな名前で、読むのがたのしい。
そしてウェッタシンハの絵は表情豊かで動きがまたおもしろい。ウネウネというかクネクネというか。
そしてピンクのサリーがたまらなく素敵なの。
 
ちゃぷちゃぷぷーん』は、はやくハードカバーになってほしいな。とってもかわいい。
ことばもなじみのオノマトペ感動詞で読みやすいから、絵本を読むのが苦手なパパママにもGood◎
感動詞、いいな。
どうぶつのかずが1から10までだんだん増えていくのもおもしろい。
 
ああ、たのしかった。
 
 
 
『きつねのホイティ』(作・絵:シビル・ウェッタシンハ  訳:松岡 享子 / 福音館書店)
 
『たんぽぽ』(文・絵:荒井 真紀 / 金の星社)
 
ちゃぷちゃぷぷーん』こどものとも0.1.2. 2017年2月号(文:得田 之久 絵:及川 賢治 / 福音館書店)
 
『くっついた』(作・絵:三浦 太郎 / こぐま社)
 
 
やっと桜が咲いた、と思ったらすぐに散って、暖かくなって春も終わりかなぁと思ったら、また肌寒い日がやってきて…
こちらはまだまだ浮かれるのは早いな、というかんじです。
 
( 今までのきろく→http://wasurenagusa1105.tumblr.com/ )